この第4回は、ついに日本公開された映画に合わせて……

 

 

 

 

 

2PAC(トゥパック・アマル・シャクール)が生きた25年を描く映画『オール・アイズ・オン・ミー』、2017年12月29日より新宿バルト9他でロードショー!

 

……というわけで、その『オール・アイズ・オン・ミー』で字幕を監修した丸屋九兵衛(QB)は、この機に乗じて『丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ』という自著は出すわ、2パックが残した詩集を翻訳して『ゲットーに咲くバラ』として出すわ。

 

そんな中でQBが再認識したのは、2パックが「遅すぎたブラック・パンサー」だったことだ。

 

Black Panther Partyとは。

1966年10月に結成された黒人政治組織/武装団体である。警察による黒人民衆への暴力を阻止するため、銃と六法全書を携行して警察官を監視する逆パトロールを敢行したことに始まり、武装蜂起と革命による黒人解放を目標としていた。

 

パックの母アフェニ・シャクールはもちろんのこと。2パックの実父ビリー・ガーランドも、継父ムトゥル・シャクールも、ゴッドファーザーのエルマー“ジェロニモ”プラットも、脱獄してキューバに亡命したアサータ・シャクール(叔母)も、すべてブラック・パンサー/ブラック・リベレーション・アーミーのメンバー。ブラック・パンサーのコミュニティで生まれた子供なのだ、幼き日の2パックは。

 

映画『オール・アイズ・オン・ミー』が全米公開された2017年6月16日。

トランプ大統領は、キューバ政府に向かって「亡命中の2パックの叔母をアメリカに送還せよ!」と演説した。

 

この半世紀ほど、アメリカを内側から弾劾してきたシャクール・ファミリー。そんな観点から2パックを見つめ直してみないか?つまり、「若きブラック・パンサー」として。今回の『Soul Food Assassins』は、そんな試みである。

がいた。

..............................................................................................................

※このトークと同日開催の丸屋九兵衛トークライブ【Q-B-CONTINUED vol.21】は、『再訪、大英帝国の爪痕! レディース&キングスマン』です。こちらはこちらで、「国民国家」における身分制度や民族間対立について考える2時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■開催日時

2018年1月14日(日)

12:30 開場

 

13:00 【Soul Food Assassins vol.4】開演

14:30 【Soul Food Assassins vol.4】終演/【Q-B-CONTINUED vol.21】開場

 

15:00 【Q-B-CONTINUED vol.21】

 16:00前後 中休み

17:00 終演

17:00過ぎ 茶会開始

18:00過ぎ 茶会終了

■おねだん

ここのトークライブ【ソウルフード・アサシンズ】単体のお値段は¥1,500(税込)。

続く【Q-B-CONTINUED】とのダブルヘッダー価格は¥3,000(税込)。

オススメしたいのは「トークライブ1+トークライブ2+茶会」のオールインワン。トリプル価格として¥3,700(税込)で提供いたします。

■場所

会場は、もちろん「レッドブル・スタジオ東京」だ!

番地でいうと、東京都渋谷区渋谷1-3-3。表参道駅と渋谷駅の中間地点付近、国連大学脇の旧「こどもの城」脇奥にある、「レッドブル・スタジオ東京ホール」(ビルの5階)である。

広めの空間に、カンファタボーなソファがフレキシブルに用意された豪華仕様。

Soul Food Assassins vol.4

この数年、さまざまなトピックでトークを行なってきた丸屋九兵衛(bmr)は、最近になって痛いほど思い知った。

ここ日本の「業界」におけるブラック・カルチャー・リテラシーの低さを。

であれば(僭越ながら)自分自身がブラック・ミュージックやヒップホップ・カルチャーを語る場を新たに設けるべきではないか?

そんな思いつきから始まったのが、

新トークライブ・シリーズ【ソウルフード・アサシンズ】だ。

when, where, how much & how

青山通りからちょっと入ると、このビルが見える!

この入口を入ると……

入口はこちら

エレベーターホール。ここから5Fへ

レッドブル・スタジオ 東京ホール:超近距離案内

2パック外伝!

シャクール家と

ブラック・パンサー