この第3回は、今秋公開の映画2作に絡めたトピック。

題して……

 

今回は……この秋、立て続けに日本上陸を果たした2本の映画——『ドリーム』と『ゲット・アウト』——を題材に、アメリカ黒人が歩んできた歴史を、より深く読み解いてみよう。

 

かたや、1960年代のNASAを描く感動実話『ドリーム』(日本公開9月末)。

そして、現代を舞台にしたホラー怪作『ゲット・アウト』(日本公開10月末)。

この両作に共通するのは……人種差別だ!

 

前者の舞台は、公民権運動でブラック・アメリカが熱く燃えていた1960年代。あの頃は、人間として認められるために全身全霊をかけて戦うキング牧師、マルコムX、ブラックパンサーがいた。

 

しかし後者の舞台は、それから50年あまりを経た現在。黒人への差別は薄れたように見えて、実はより巧妙に、より陰湿な形に姿を変え、アメリカ社会(だけではないが)に潜んでいる。

 

ブラック・ミュージックやブラック・カルチャーの背景となってきたアメリカ社会。

そこにはびこる差別の形、その変遷を検証してみようじゃないか。

 

 

前回講義「差別用語の基礎知識」の延長線上に位置する今回のテーマ。アフリカン・アメリカンを主人公とする話題作が2本も日本で封切られたこの秋にこそ、語っておきたい。

※参加の皆さんには両作を見ておくことを推奨する。が、見ていなくとも通じるトークを展開する予定。

 

人種間緊張と差別・被差別の歴史。そして、今なお払拭できない異民族・他人種への複雑な感情。

それらは、多様性の時代を生き、より良い未来を築くためにこそ、深く学んでおくべきもの。

気づかぬうちに加害者にならないためにも。

つまり「仲間よ目を覚ませ!」ってことだ。

..............................................................................................................

※このトークと同日開催の丸屋九兵衛トークライブ【Q-B-CONTINUED vol.20】は、『マイティ・ソーにお仕置き!北欧神話の秋、ラグナロクの夜』with サンキュータツオです。こちらはこちらで、宇宙樹とミトガルズ蛇がくんずほぐれつで絡み合う2時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■開催日時

2017年11月24日(金)

18:30 開場

 

19:00 【Soul Food Assassins vol.3】開演

20:30 【Soul Food Assassins vol.3】終演/【Q-B-CONTINUED vol.20】開場

 

20:40 【Q-B-CONTINUED vol.20】withサンキュータツオ 開演

 21:40前後 中休み

22:40 終演

 

■おねだん

このトークライブ【Q-B-CONTINUED】単体のお値段は¥2,000(税込)。

オススメしたいのは、その前の【ソウルフード・アサシンズ】とのダブルヘッダー! ¥3,000(税込)で提供いたします。

■場所

会場は、もちろん「レッドブル・スタジオ東京」だ!

番地でいうと、東京都渋谷区渋谷1-3-3。表参道駅と渋谷駅の中間地点付近、国連大学脇の旧「こどもの城」脇奥にある、「レッドブル・スタジオ東京ホール」(ビルの5階)である。

広めの空間に、カンファタボーなソファがフレキシブルに用意された豪華仕様。

Soul Food Assassins vol.3

この数年、さまざまなトピックでトークを行なってきた丸屋九兵衛(bmr)は、最近になって痛いほど思い知った。

ここ日本の「業界」におけるブラック・カルチャー・リテラシーの低さを。

であれば(僭越ながら)自分自身がブラック・ミュージックやヒップホップ・カルチャーを語る場を新たに設けるべきではないか?

そんな思いつきから始まったのが、

新トークライブ・シリーズ【ソウルフード・アサシンズ】だ。

アメリカ黒人史解読

映画『ドリーム』

『ゲット・アウト』に見る

差別の昔と今

when, where, how much & how

青山通りからちょっと入ると、このビルが見える!

この入口を入ると……

入口はこちら

エレベーターホール。ここから5Fへ

レッドブル・スタジオ 東京ホール:超近距離案内