今や東京トーク界のバスチーユと呼ばれるようになった、丸屋九兵衛のしゃべくり会シリーズ。

今回のテーマは、前回の「ストレイト・アウタ・コンプトン編」で語り残したトピック。N.W.Aを語るときに避けては通れないあの場所、あの施設。
そう、刑務所だ!

●日時:2016年7月19日(火)

19時00分開場

19時30分開演

 20時30分前後に休憩

21時30分終演予定

●場所:新たなる本拠地!

レッドブル・スタジオ東京ホール
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-3 5F

 

価格

チケット=税込¥2,000
 

 

今回もクレジットカードによる先行販売あり。例によって、紙のチケットではなくQRコード方式だけど。

 

※上記サイトから購入できるのはクレジットカード決済の場合のみ。クレジットカードをお持ちでない方も歓迎いたします! 当日、会場入り口でお金を払ってください。

 

※着席方式ですが、指定席ではありません

 

1785年に先祖が投獄されて以来、刑務所と縁が切れないのが丸屋九兵衛。

 

●親戚が、兵庫県の刑務所で2年を過ごした。

●先輩がアメリカのプリズンに1年半ほど収容されていた。

●雑誌時代の『bmr』は、水戸刑務所をはじめとする全国の施設で人気を誇った。

●US刑務所起源のインスタントラーメンを所有している。

●そして、職場の引き出しには、囚人読者の皆さんとやり取りした手紙の数々がある。

​等々。

職務質問頻度もさることながら、刑務所との親和性の高さでは誰にも負けないのがQBなのだ(本人は投獄されたことないのに)。

だからこそ、彼の刑務所トーク。

 

知られざる・語られざるこの世界を丸屋九兵衛が解説(ブレイクダウン)する、

プリズン・ブレイクダウンなのだ!

場所

今回も、会場は噂の「レッドブル・スタジオ東京」だ!

番地でいうと、東京都渋谷区渋谷1-3-3。表参道駅と渋谷駅の中間地点付近、国連大学脇の旧「こどもの城」脇にある、「レッドブル・スタジオ東京ホール」(ビルの5階)である。

広めの空間に、カンファタボーな椅子がフレキシブルに用意された豪華仕様で、ゆったりと過ごす2時間。

 

今回も「スペシャルホスト」として、あのサンキュータツオ(米粒写経)が参加!

刑務所と縁のなさそうなタツオは、ゆるゆると明らかになるプリズンライフの実態に何を思うのか?!

 

時間

トーク自体は19時30分からの2時間コース。途中で休憩あり。

価格

本編トークライブのお値段は¥2,000(税込)。

今回は本編だけよ。

丸屋九兵衛

サンキュータツオ

青山通りからちょっと入ると、このビルが見える!

この入口を入ると……

入口はこちら

エレベーターホール。ここから5Fへ

レッドブル・スタジオ 東京ホール:超近距離案内

丸屋九兵衛トークライブ【Q-B-CONTINUED vol.10】

with サンキュータツオ

 プリズン・ブレイクダウン   

〜世界は刑務所だ!〜