HOUSE OF BEEF

ディス!

クラッシュ!

バトル!

ヒップホップ界の名物ビーフ(悪口合戦)を語るた新トークライブ・シリーズ。

題して……

HOUSE OF BEEF

....................................................................

注意:このイベントの会場はエキサイトカフェです

(レッドブル・スタジオではありません)

....................................................................

 

揶揄!

口論!

誹謗中傷!

今も昔もラッパーの喧嘩はシーンの華。

 

暴力の応酬を阻止しつつも、勝負をハッキリつける代替手段として生まれた(という側面もある)のが、ヒップホップというカルチャーである。

 

だからこそ、ヒップホップの諸要素は、勝負の側面、コンペティション色が強いものなのだ。

DJ(DJバトルがある)。

グラフィティ(縄張りを示すものだったりもする)。

ブレイクダンス(ダンスといえばバトル)。

そして何と言ってもラップ

ゲンコツや実弾飛び交う暴力の代用品として機能する、言葉の暴力、というわけだ。

 

そして、それが発展したものが、ヒップホップ名物「ビーフ」。

ラッパーとラッパーが、時には超絶ライミング技巧を駆使して、時には感情に走った貧弱語彙のみを連発して、互いを中傷し合う微笑ましい風景……嗚呼、それは真にヒップホップ界の風物詩なのである。

(時おり実際の暴力に発展してしまうのが残念でならないが)

 

そもそも、ラップの源流の一つは——ジョージ・クリントン師匠が「ゲットーを生きるための基礎の基礎」と呼んだ——持てるウィットを総動員して、互いに相手の母親をけなし合う知恵比べ話芸対決「ダズン(dozens)」。

そんな「悪口の芸術」「かがやく英語の悪態」の一形態としてのビーフをこよなく愛するのが、本人も折に触れて舌禍を経験してきたQBこと丸屋九兵衛である。

そのQBが、自らの金色の脳細胞に蓄えてきたビーフ・ヒストリーから、とっておきのビーフ秘話を披露するために始めるのが、このトークライブ【HOUSE OF BEEF】シリーズなのだ〜。

 

時は折しも4月。やがてやってくる5月病の季節に負けない、打たれ強い面の皮を鍛え上げるためにも。QBが掘り返すヒップホップ・ビーフ史の名場面・珍場面を共に追体験してみないか?

 

 

■開催日時

2018年4月22日(日)

13:30 開場

 

14:00 【HOUSE OF BEEF】開演

 15:00前後 中休み

16:00 終演

16:00過ぎ 茶会開始

17:00過ぎ 茶会終了

■場所

会場は「エキサイトカフェ」だ!

番地でいうと、東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス4F。

白金高輪駅から徒歩約10分、1階のファミリーマートが目印さ。

土日祝はビルの正門が閉鎖されているので、そのファミリーマートをくぐり抜けてエレベーターに到達する、そんなビルの4F。

文字どおりのカフェ、とってもカンファタボーな空間。

 

■プラスアルファ

このトークライブ【HOUSE OF BEEF】は14時00分開始で16時00分終了予定。

だが、【HOUSE OF BEEF】の後に……希望者のみ参加の茶会を開催するよ!

もちろん「紅茶会」。

場所が「カフェ」でも紅茶会。

丸屋九兵衛がみずから入れるアッサム(予定。もしかするとニルギリかも)を堪能せよ! もちろん菓子付き。

※お茶会は約1時間、17時過ぎ終了予定。早退可

 

■時間

というわけで【HOUSE OF BEEF】は14時00分から16時00分までの2時間コース。途中に10分ほどの休憩アリ。

 

■価格

このトークライブ【HOUSE OF BEEF】単体のお値段は¥2,000(税込)。

オススメしたいのは「トークライブ+茶会」のセット。ティースペシャル価格として¥3,000(税込)で提供いたします。

■備考

下記のボタンから飛べるデジタルチケット販売ページで決済可能なのはクレジットカードのみ。

なので、クレジットカードを持っていない方は、当日、会場での現金払いという手があります。よろしくね!

when, where, how much & how

エキサイトカフェ:超近距離案内

首都高速2号目黒線をくぐった北側にこんなビルが見える

土日祝は正門が開かないので、やむなくファミリーマートに入るのだ……

ファミリーマートに入るやいなや右手を見ると小さな階段が

その階段を降りると、ビルの1階広場に出る。休日はエレベーターホールも閉じられているが、カードキーを持ったスタッフが待ち構えているので、ここから4Fへ