丸屋九兵衛トークライブ

Q-B-CONTINUED vol.7
with サンキュータツオ

帰ってきたモンキー
Return of the Monkey King 

 

●日時:2016年3月26日(土)

14時30分開場

15時00分開演

17時00分終演予定

18時すぎお茶会終了予定

 

●場所:新会場!

レッドブル・スタジオ東京ホール
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-3-3 5F

 

価格

通常チケット=税込¥2,000
特別チケット=税込¥3,000(ライブ後のお茶会参加権あり)

 

今回もクレジットカードによる先行販売あり。といっても、紙のチケットではなくQRコード方式だけど。

 

※上記サイトから購入できるのはクレジットカード決済の場合のみ。クレジットカードをお持ちでない方も歓迎いたします! 当日、会場入り口でお金を払ってください。

 

※着席方式ですが、指定席ではありません

 

今回は題して

 帰ってきたモンキー 
 Return of the Monkey King 

 

旧暦基準では今年初めてのQ-B-CONTINUEDとなる今回(旧暦で言うとサル年は2/8から)。このタイミングでサルを語らないで、いつ語るというのか。

そう、今回のテーマは、アジアが生んだ世界最強のサル、孫悟空 aka 斉天大聖と、彼の旅路の物語『西遊記』だ!

 

 

丸屋九兵衛の持ちネタ「西遊記:行きて帰りし物語」といえば、2015年4月に『米粒写経のガラパゴスイッチ』で初披露されたトーク。

その伝説的トークが、丸屋九兵衛本人の龍谷大学巡礼を経てパワーアップ!

ロング/リミックス/デラックス・バージョンとして再演されるのが、この「帰ってきたモンキー」なのだ!

 

プラスアルファ

トークライブ本編は、土曜の午後、15時開始で17時終了予定。

だがその後に、希望者のみのお茶会を開催する!

ただし、これまでの紅茶会ではなく、今回は「中国茶会」。だってテーマが西遊記ですから。

トークライブ会場の別室にて、丸屋九兵衛がみずから入れる黄金桂(予定)を堪能せよ! もちろん菓子付き。

※お茶会は約1時間。早退可

 

場所

今回は新会場、噂の「レッドブル・スタジオ東京」だ!

番地でいうと、東京都渋谷区渋谷1-3-3。表参道駅と渋谷駅の中間地点付近、国連大学脇の旧「こどもの城」脇にある、「レッドブル・スタジオ東京ホール」(ビルの5階)である。

広めの空間に、カンファタボーな椅子がフレキシブルに用意された豪華仕様で、ゆったりと過ごす2時間。

 

今回も「スペシャルホスト」として、あのサンキュータツオ(米粒写経)が参加!

『ガラパゴスイッチ』で同ネタを経験したタツオも驚くようなトピックを、QBは準備できるのか?! 震えて見守れ!

 

時間

というわけで、トーク自体は15時からの2時間コース(予定)。途中に休憩タイムあり。

 

価格

本編トークライブのお値段は¥2,000(税込)。

茶会付き希望の場合は¥3,000(税込)。

 

 

丸屋九兵衛

サンキュータツオ

東京トーク界のガンダーラとも呼ばれる丸屋九兵衛のしゃべくり会シリーズ。

怒涛の第7回は、新年に、新天地(大注目!)で、しかしクラシックなネタ(1400年ほど経過)をスピットするイベントだ!
しかも懲りずに茶会付き!

青山通りからちょっと入ると、このビルが見える!

この入口を入ると……

入口はこちら

エレベーターホール。ここから5Fへ

レッドブル・スタジオ 東京ホール:超近距離案内